AGA治療の費用を分かりやすく解説!

育毛剤シャンプー比較

このページではAGAに関連することについて分かりやすく解説しています。

 

もくじ

 

 

 

AGA治療の費用および関連項目

そもそもAGAとは?

ハゲ頭
男性のハゲ原因90%はAGA(男性型脱毛症)による脱毛と言われています。このAGAは遺伝や男性ホルモンが原因で起こる進行性の薄毛。AGAは男性ホルモンと密接が関係があって、「ジヒドロテストステロン」という物質が髪の毛を弱くさせることがAGA脱毛の原因です。

 

クリニック・病院でのAGAの治療を行ってもすぐに効果が実感できるものではないため、根気強く通院する必要があります。

 

 

 

女性の薄毛はFAGA

女性の薄毛
女性の薄毛はAGA(男性型脱毛症)ではなく、FAGA(女性男性性脱毛症)。AGAに『F』が付いただけやん!と突っ込みたくなりますが、薄毛症状やメカニズムはAGAとはまったく異なります。

 

FAGAが起こる原因は、妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れによっておきる女性特有の発症です。女性ホルモン「エストロゲン」は発毛に深く関係しています。男性に比べ女性でハゲてる方がほとんどいなく、男性よりも毛量が多いのはこのホルモンのおかげ。

 

ただ出産&妊娠以外に、もっとも女性ホルモンバランスが乱れやすい「更年期障害」の年頃になると女性といえどFAGAとなり、髪のボリュームが無くなったり、薄毛(とくに分け目)が気になる女性も増えてきます。

 

中高年女性でたまに、男性顔負けなくらいハゲている人を見かけますよね?FAGAはけっこう個人差が激しい症状です。

 

FAGAは、AGA治療では治りませんし治療を行っている病院・クリニックは極端に少ないため(たぶんFAGA治療は客が少なく儲からない為かと)、FAGAの女性は正直、ウィッグでボリュームをごまかしたり、ハゲを隠したりして自力でナントカするしかないのが現状です…。

 

 

 

ハゲは本当に遺伝する?

よく「ハゲは遺伝する」と言われています。特にAGA(男性型脱毛症)の場合、遺伝によるものが多いとされています。「母方から強く遺伝する」といった説もありますが、これはまったく解明されていません。

 

そのハゲ…遺伝原因のハゲの可能性もありますが、「生活習慣」の線も十分に可能性があります。

 

寝食ともにする家族はだいたい同じような食生活や生活リズムになります。独り暮らしをしても洋風の食べ物を好む人がいきなり和食中心になることはほぼありませんし、結婚してからも実家の味付けやおかずを忘れられず、嫁さんに好きなものをリクエストする人も多いのではないでしょうか?

 

つまり、髪の発育に悪い生活を無意識に代々継承していく…ある意味、「生活習慣」も遺伝と言えなくないですね。

 

 

 

AGA治療の費用相場

薬
AGAの治療方法でもっともポピュラーなのが「投薬治療」、ほとんどの病院・クリニックでメイン治療法として行われています。イメージとしてスッゴイ育毛剤・発毛剤みたいなものを頭皮に塗るイメージですが、意外にもそういったことはありません。

 

頭皮に塗布するリキッドタイプの発毛薬を処方するところもありますが、費用はよりかかってきます。

 

 

一回分のAGA治療費用

 

一回の治療 … 15,000?17,000円+診察料3,000?5,000円(※診察料無料の病院も一部あるそうです)

 

一度の通院で20,000円ほどかかると思っていただければ分かりやすいかと思います。しっかし高いもんですね〜(;´Д`)

 

 

 

AGA治療は保険適用外

AGA治療が高額だと言われる所以は、健康保険が適用外であることですね。

 

全額自己負担の自由診療となる。満足のいく発毛を体感できるまで必ず何か月もかかりますし、人によっては何年たっても満足できない男性もいます。

 

よほどお金に余裕がある男性以外にはオススメできないのが現状です…。

 

 

 

AGA治療の効果はどのくらい?

薄毛男性
皮膚科やAGA専門クリニックで治療されるときに一番心配なのは「金額に見合った効果を得られるか?」

 

AGA費用相場を見ていただいた人はご存知の通り、一回の治療平均相場は約20,000円。こんなに高額ならさはど発毛効果を得られるんじゃないとか期待している人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、AGAの治療に使われる「プロペシア内服薬」や発毛剤「ミノキシジル外用薬」など即効性はありません。治療したからと言ってすぐ効果は出ません、最低1年間は効果を実感できないというのが正直なところです。

 

とはいえ、何も対策を打たないよりはずっといいのでAGA専門のクリニックに通うというのも一つの手かと。

 

ただ、AGA治療は非常に高額なので、最後まで通い続けられないようなら別の方法を探すことをオススメします。途中で止めては今までかけたお金が全部パーですからね。

 

 

 

かつらを使いながらでも効果ある?

すでにかつらを着用している男性に多い質問ですね。かつらを被りながらAGA治療の効果を得られるのか?

 

基本的にかつらを使用しながらAGA治療しても効果は変わりませんが、毛が育ってくると蒸れやすくなってきます。蒸れはリスクがあるため、かつらは使用しないのがベスト。

 

AGA専門クリニックでは、かつら使用の中止をお願いしているところもあります。

 

男性にオススメ!育毛剤ランキング

MONOVO
MONOVO

自然由来の和漢タップリ育毛剤MONOVOヘアトニックグロウジェル。従来育毛剤の多くはローションタイプかミストタイプ、しかしこれだと液だれや蒸発がありせっかくの有効成分の浸透率が良くありませんでした…MONOVO育毛剤はジェルタイプで浸透率アップ!

 

公式サイトをみる

 

 

 

 

プランテルEX
プランテルEX

男性に1番人気の育毛剤プランテルEX。AGAによって停滞してしまった発毛サイクルを再開させるパワーがある「リデンシル」が成長をサポート!AGA(男性型脱毛症)に特化した育毛剤です。

 

公式サイトをみる

 

 

 

 

ポリピュアEX
ポリピュアEX

男女で使える育毛剤ポリピュアEX。男女兼用できる育毛剤のため夫婦で愛用しているご家庭も多い。テレビCMでもおなじみモンドセレクションなど多数受賞。45日間の全額返金保証付きで価格も安価な部類で効果についても良い口コミが目立つ。

 

公式サイトをみる

 

 

女性にオススメ!育毛剤ランキング

長春毛精
長春毛精

男女で使える育毛剤ポリピュアEX。男女兼用できる育毛剤のため夫婦で愛用しているご家庭も多い。テレビCMでもおなじみモンドセレクションなど多数受賞。45日間の全額返金保証付きで価格も安価な部類で効果についても良い口コミが目立つ。

 

公式サイトをみる

 

 

薬局・ドラッグストア育毛剤の効果

いらすとや ドラッグストア
街の薬局やドラッグストアなどでも育毛剤って売られていますが、育毛効果・発毛効果はあるんでしょうか?また、AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)に対して効果あるものは?

 

 

薬局・ドラッグストア育毛剤に効果なし

長春毛精
スーパー、薬局、ドラッグストアなどで手軽に買える育毛剤、ネットで購入できるものに比べずいぶん安価で、安いものだとタップリ入って1,000円以下の育毛剤まであります。これって本当に効果があるんでしょうか?といった声が多くその質問にお答えたいともいます。

 

基本的にその辺で買える育毛剤には、抜け毛を防止する成分が配合されているものしか売られていません。あくまでハゲをあらかじめ防止したりするだけのものだったり、進行を遅らせる程度のものです。

 

抜け毛防止と育毛効果・発毛効果はまったく別次元!

 

さらに言えば安いものには、石油由来の添加物「パラベン」や「シリコン」などの頭皮環境に悪影響を及ぼす成分が配合されていることがほとんど!これが逆にハゲを進める結果となることもあり、天然由来の有効成分にこだわった育毛剤を購入することをオススメします。

 

 

 

 

市販シャンプーも頭皮環境に良くありません

上で説明したように「パラベンン」や「シリコン」などの石油由来の添加物や「香料」などはドラッグストア・薬局で購入できる安いシャンプーなどにもたくさん混入されています。

 

シリコン、香料、パラベン、鉱物油、合成ポリマー、酸化防止剤、タール系色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤

 

これらはハッキリ言って頭皮の敵、髪の毛の敵!

 

これらの含有物は頭皮の毛穴に詰まって汚れやすくしたり、頭皮に強い刺激を与え育毛しづらくなり脱毛・薄毛の原因になっています。

 

 

 

ノンシリコンシャンプーでも安心できない

最近になって、「スカルプD」などのノンシリコンシャンプーCMが流れるようになってから注目を浴びるようになった「シリコン」。

 

これが頭皮に悪影響を及ぼすことは言うまでもありません。賢明な方は市販のシャンプーや育毛剤を購入するとき成分表示をくまなく見る人もいるかと思います。しかし、シリコンが配合されているのにも関わらずシリコンと記載されていないことが多いので要注意。

 

シリコンの成分表示名称はジメチコン、シクロメチコン、ジメチコノール、アモジメチコン、シロキサン、シリカ、シリル、シラン、などの表記になっており、「シリコン」と書かれていないから買ってみようと思うのはちょっと待って!

 

さらにもっと言えば「ノンシリコンシャンプー」と表記されていても、パラベン、鉱物油、合成ポリマー、酸化防止剤などの化学添加物が混入されていて頭皮に悪影響を及ぼすものもあります。