AGA(男性型脱毛症)の自力育毛方法

 

中高年の男女、また、若年性もある脱毛症!!

 

お医者さんイラスト

未だに解明されない部分が多いAGA(男性型脱毛症)。
だが、加齢、遺伝性、生活環境が大きな要因となっていることはわかっています。

 

特に一番のハゲ要因は男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT) 」

 

DHTとは、男性ホルモン「テストステロン 」が、「5−αリダクターゼ 」という酵素によって生成される物質。そのDHTを抑えるために男性用育毛剤のほとんどに”フィナステリド(プロペシア)”が含有されています。

 

病院などで処方されるAGA治療薬にはDHT発生阻害剤が用いられるのが主流となっています。

 

 

専門外来・病院でのAGA治療方法と費用相場

AGA(男性型脱毛症)の原因・治療 症状に合った育毛剤

 

専門外来や一般の頭皮治療費と方法

AGAの治療には、DHTの発生を阻害する成分を主成分とした治療薬フィナステリド(プロペシア錠)が処方されます。
しかし、このフィナステリドは人によっては副作用があり、性欲減退、勃起不全(性機能障害)、精子の減少、睾丸痛などです。
他にも、胃部不快感、腹痛、下痢、頭痛、肝障害
などが生じる恐れがあります。

 

また、フィナステリドは男性専用で女性の方は触れる
ことすら禁じられています。

 

特に妊娠している方がフィナステリドを服用すると、胎児
に副作用を及ぼし、生まれてくる子供に障害が出る
可能性が高まります。

 

このように現在の医療機関では副作用が認められている
ものの、効果的で安全な治療薬はいまだ開発されていな
いのが現状です。

 

 

月1回の通院でかかる治療費

専門外来の相場平均は30,000円前後(検査、診断、薬代、経過観察)

 

一般の治療の相場平均で9,000円〜15,000円(薬代)

 

AGA(エージーエー)治療薬1錠の料金は約250円
保険が利かないので10割負担です。

 

病院での脱毛治療は安さと安全性がかけています。ですので現在では
通販などでフィナステリド不使用の育毛剤を購入されている方が増えています。

 

 

病院に頼らない自力育毛方法

 

病院は割高でちょっと危険、ですので自力で薄毛を何とかしたいもの。
短期間で毛を生やしたいのならまず、生活習慣を変えることが大切です。

 

  1. タバコをやめる
  2. 脂っこいものを控える
  3. 食べ過ぎない
  4. 適度なダイエットをする
  5. 頭皮を清潔に保つ
  6. 頭皮が乾燥しないように気をつける
  7. 頭皮に優しいシャンプーに変える
  8. 育毛剤を使う

 

生活習慣を変えることは大変なことですが、確実に効果はでてきます。
これだけで抜け毛を格段に防げますが、なるべく短期間で毛を増やしたい人は
ちょっとお金をかけて育毛剤やシャンプーを購入するとスピーディーに育毛できます。