分娩後脱毛症の自力育毛方法、病院に頼らない育毛治療

 

出産後ゴッソリ抜け、約1年間ハゲ続ける!!

 

お医者さんイラスト

 

この脱毛の特徴はお産し終わった女性のホルモンが変化しヘアサイクルが狂うために起こる現象です。

 

通常、半年から1年ほどで自然に戻っていきますが、高齢出産の場合は体力の回復が遅いため期間が長くなることがあります。

 

分娩後脱毛症の回復が見られない場合は別の脱毛要因があると思ってよいでしょう。

 

抜け毛を減らし、育毛を促すには生活習慣の改善が必須。ストレス解消、栄養のある食事、睡眠をタップリとるなどが挙げられます。

 

なお、短期間で生えそろえる方法には育毛剤や薬用シャンプー
を使用をオススメします。

 

ですが、男性用の育毛剤ですと女性に副作用を与えるばかりか
授乳中ですと赤ちゃんにも影響を及ぼしますので、女性用、
もしくは男女兼用のものを使いましょう。

 

安くても効果がある育毛剤・比較へ

 

専門外来を利用したときの月1回の通院でかかる治療費

専門外来の相場平均は30,000円前後(検査、診断、薬代、経過観察)

 

一般の治療の相場平均で9,000円〜15,000円(薬代)

 

原則、健康保険は適用外なので10割負担です。

 

高額な費用面から専門外来や病院に頼る人は少なく、現在では良質で
効果の高い育毛剤や薬用シャンプーが簡単に通販で手に入るため、
ネット購入されている方が増えています。