ストレスと抜け毛は関係ある?

 

ストレスを感じやすい人は男性、女性関係なく抜け毛が多くなります。

 

ストレスが引き起こす脱毛原因

血行が悪くなる

ストレスは自律神経を乱し、頭皮の毛細血管等を収縮させるため、髪の栄養を運ぶ血液の流れを悪くなってしまいます。

 

これでは髪の毛を発育させるための栄養素が十分に、毛母細胞へ供給されにくくなり、髪の毛が太くならずに成長途中でブチブチ切れたり、抜け毛の原因になります。

 

 

皮脂が増える

自律神経のバランスが崩れると血行が悪くなるのと同時に、皮脂の分泌も多くなってきます。

 

皮脂が多すぎると毛穴の汚れ、詰まり、頭皮細胞の酸化、フケが出やすくなるなどの頭皮にとって悪条件になっていきます。

 

 

内臓の働きが悪くなる

内臓の働きが悪いことは薄毛にもつながっていきます。内臓不調はストレスだけが原因でもありませんが、ストレス性の場合、自律神経がおかしくなり、消化吸収能力が下がるので髪の毛を作るのに必要なたんぱく質、ミネラルを十分に補給することができなくなってしまう。

 

 

頭皮が硬くなる

ストレスを感じている人は、体の筋肉が緊張状態にあり、頭皮もガチガチになりがち。

 

頭皮が硬い状態ですと毛細血管が狭くなり、髪に栄養が行き渡りにくくなります。ポイント1で述べたように、血流が悪さは抜け毛の原因になります。

 

 

ストレスで不眠症

髪の毛は寝ているときもっとも成長するのですが、睡眠不足の人は髪の毛が太くなり切らない、伸びきらない、わかりやすく言えば、日光を遮断され光合成ができない植物のような状態。

 

もちろんストレスを感じてない人でも、睡眠時間をしっかりとらなければ、やはり抜け毛は加速してしまいます。

 

 

 

ストレス解消は難しい

このようにストレスは様々な影響を及ぼすため抜け毛が増えるわけです。ストレスをため込んでいても基本的に良いことはありませんね。

 

いろんなサイトや雑誌などでは、ストレス解消が一番と、運動して汗を流せ!、散歩しなさい!、お風呂で湯に浸かれ!、趣味を持て!なんてなかなか実行できないのが正直なところではないでしょうか?…というかストレス解消が出来ているのならストレスで悩みはしませんよね?

 

残業残業で運動なんてしている余裕なんてないし、趣味らしい趣味なんてないし、ゆっくり風呂に浸かる時間もない人もいますよね?

 

 

一番楽なストレス解消方法は、ぐっすり眠ること

 

短時間でもぐっすり熟睡することが大切です。ただ長く寝るのでは意味がありません、質の良い睡眠を取ることで抜け毛を予防し、寿命も長くなります。

 

ただ寝るだけなのだけど、どうしても熟睡できない人は最終手段として育毛剤や育毛シャンプーを利用するとよいでしょう。